ニキビマニアックス

ニキビ治療に関する最新情報を随時掲載

*

ビタミンC誘導体は本当に安全なのか?ニキビ治療に効果的なものを使おう!

      2014/10/23

070decf6f665d065dbeef7cc70ca699e_s

 

「ビタミンC誘導体」と言えば、体に良い成分であり美白効果もあると人気の成分ですが、本当に危険性はないのでしょうか?

美白にも効果があり、ニキビも治すとなればニキビに悩んでいる女子としては必ず取り入れたい成分ですよね。
副作用は本当にないのか?どんなケア用品に入っているのか?ニキビ治療にビタミンC誘導体を安全に配合しているものを調べてみましょう。

■ビタミンC誘導体の危険性

【ビタミンC誘導体とは】

ビタミンCは分子構造が壊れやすいと言われているんです。
だからビタミンCを塗っていても肌にちゃんと吸収されることもなく全く意味のないスキンケアになるんです。
そのビタミンCをちゃんと吸収できるように酵素反応によって誘導化しているものがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体のニキビへの効果とは、肌の新陳代謝を正常化して皮脂の過剰分泌を抑えて毛穴を引き締めるニキビ予防や、
活性酵素を除去して、ニキビの炎症を抑えるなどのニキビ治療効果です。

【ビタミンC誘導体の危険】

ビタミンC誘導体自体には大きな副作用や肌への危険はありません。『全く』ないとは言い切れませんが、
ビタミンC誘導体によってどうこうなるというような危険はないんです。
一つ理解してほしいのは、絶対に誰の肌にも合うような成分はないということ。ビタミンC誘導体だって例外ではありません。
ビタミンC誘導体の悪いところを1つ挙げるとしたら「保湿力が足りない」ということです。
どんなケア用品でもビタミンC誘導体が配合されているものは保湿力が低く、
それを補うために他の保湿成分が配合されていたりします。
成分のバランスが悪い、相性が悪いなどで肌に合わないこともありますし、完璧に保湿することができない場合もあります。
中にはビタミンC誘導体が入っているケア用品では必ず乾燥して肌が突っ張って気持ち悪い!という方もいます。
私は敏感肌でもビタミンC誘導体でトラブルが起きたことはありません。ですから好んで使う成分の1つです。

スポンサーリンク

'

■ビタミンC誘導体にも種類がある

ビタミンC誘導体は大きく2種類に分けられています。
一つは油溶性のタイプともう一つは水溶性タイプのビタミンC誘導体です。
油溶性は美容液やクリームに使われていることが多いビタミンC誘導体ですが、水溶性タイプは美白ケア用品やニキビ用品に使用されています。

水溶性ビタミンC誘導体は、数時間をピークとして肌に急速に吸収されていく性質を持っています。
短時間で吸収できることから化粧水などに配合されることが多いそうですが比較的安定している成分です。
油溶性ビタミンC誘導体は、長くゆっくりと肌へ吸収していく性質があります。
美白化粧品には2%などの濃度で配合されていますが長期間保存をすることができない為保存料などが一緒に配合されていることも多いそうです。

どの種類が良くてどちらが悪いということは一概に言えませんが、油溶性であれば長時間の作用が期待できる乾燥が遅く刺激も少ないようですが、
使用感が気に入らないという方が多いようです。

どちらも効果は似たようなものです。
活性酵素の除去からニキビの炎症を抑える効果や皮脂の分泌抑制、コラーゲンの生成や色素沈着の還元作用、細胞壁の強化など
ニキビ治療やニキビ予防となる効果が期待できます。

危険性が少ないことから、ニキビ治療に活用するのであれば高濃度に配合されているものを選びましょう。
使用感や効果は濃度によってかなり差があります。
高濃度であればあるほど効果は期待できますが、ケア用品のコストが高くなる半面同じく配合されている他の成分にも目を向ける必要があります。

■ビタミンC誘導体入りの洗顔料|ケア用品

私は水溶性ビタミンC誘導体が配合されているケア用品をおすすめします。
油溶性では肌への浸透が高いというメリットがありますが、油性のものは今できているニキビへはあまり良くないと言われているからです。

【ビーグレン】

ビーグレンは高濃度で水溶性のビタミンC誘導体を配合していると人気です。
即効性が期待できるほか7.5という濃度を算出しているので、ニキビへの効果を確実に実感したい方はこのケア用品がおすすめです。
更にビタミンC誘導体にかけている保湿力から見ても、ビーグレンは保湿力の優れたケア用品です。
今できているニキビから大人ニキビの予防までとビーグレンで揃えている方も多いそうです。

【アクネス】

ロート製薬が開発販売しているビタミンC誘導体を配合した洗顔料です。
泡タイプの洗顔料やクリーム洗顔料と2種類展開されていますが、皮脂をしっかり洗い流すものや保湿を意識した優しい洗顔料があります。
ニキビ予防から皮膚の殺菌、洗浄を行うことができます。
低刺激でW洗顔不要のメイクも落とすことができる洗顔もあります。

【ビタミンC誘導体を手作りケア用品に配合】

ビタミンC誘導体を活用したい方は、手作りで化粧水やローションとして使用されている方も多いようです。
通常のメイク落としや洗顔後に化粧水と一緒にビタミンC誘導体を混ぜた保湿クリームを塗っているという方もいます。
ビタミンCでは成し得なかった、他の成分との簡単な融合や肌への吸収力が高いケア用品を作ることができるので、
使用感や効果などこだわりたい方はビタミンC誘導体のみ粉末で購入し、抗菌効果や保湿効果のある成分と混ぜて使用すると良いでしょう。

ニキビに体の内部から効く酵素ドリンク

私も使っているピュアネス酵素

217種類もの野菜から抽出した酵素ドリンク。

それでいて価格も4000円代と酵素ドリンクの中でも抜群のコストパフォーマンス。初めて酵素ドリンクを購入するならとてもお薦め。

私はこれを飲みました。

味が2種類ある優光泉

ピュアネス酵素よりも価格が6000円台と高いのがネックですが、国産の野菜にこだわって作られた安心の酵素ドリンク。
トップアスリートの減量でも使われるほど有名な一品。

ブランドで選ぶならベルタ酵素

ベルタ酵素は美容に主眼を置いた酵素ドリンク。
価格が5000円を超えますが、酵素ドリンクの中では比較的安価でコストパフォーマンスはピュアネス酵素に次いで抜群。

一番有名なのはこちらですね。

 - ニキビ治療に関する成分の本当の姿 ,