ニキビマニアックス

ニキビ治療に関する最新情報を随時掲載

*

photoshopは履歴書用写真を加工するのにオススメでない大きな理由

      2014/10/23

f002ae1a08cef216dee5c880bce4c49b_s

Adobe社が提供しているPhotoshopは簡単な加工からプロが使用するレベルの編集まで出来る業界スタンダードのソフト

デザイン関係で働く場合は、この編集スキルが必須であるとも言われています。では初めての人が画像加工においてPhotoshopを使う場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここではその点を整理しておきましょう。

画像編集でPhotoshopを使うメリット

何より編集レベルが非常に高いことが特徴です。町出歩いている時になんとなく目にするポスターや写真などもPhotoshopを使って加工されているのがほとんど。つまりしっかりと勉強してそのスキルを身に付ければ、プロレベルの加工が出来るということです。

書籍を始め、インターネットなどにもその使い方の情報量が非常に多いこともメリットの1つ。

業界でスタンダードであることから様々な人が使い方を紹介しています。またAdobe社が提供している動画コンテンツもおすすめ。チュートリアル形式になっており、一緒に進めていくことで簡単に加工が出来るようになります。もちろんすべて無料でチェックが可能。

当然デメリットもある

非常に編集レベルの高いことが特徴ですが、紹介しておきながこう言ってはなんですが、初心者にははっきり言って向いていません

もし今後もPhotoshopを使う機会があったり、自分で勉強したいと思っているのであれば、学ぶ必要性はありますが、例えばちょっとした加工がしたいというレベルではおすすめできないのが現状です。一度触っていただくと分かりやすいのですが、説明やチュートリアルなしではなかなか思うように加工できません。

値段は現在、月額制のみとなっています。月5,000円で、PhotoshopのみならずAdobe社製品をすべて利用できるコースか、もしくはPhotoshopのみで980円、Photoshopなど単体のみの利用で2,180円のプランがあります。ただ、嬉しいのは30日間無料お試し期間があること。その間だけの利用であれば費用負担がないので、実質無料で使うことが出来ます。

スポンサーリンク

'

機能は満点だが、値段と高い難易度がネック

当サイトでも画像編集の有償・無償ツールを複数を紹介していますが、おすすめ度で行けば低め。やはりプロでも利用できるレベルのソフトですし、初心者にはとっつきにくいことやその値段などがネックになります。

ただ、余談となりますが、この機会をチャンスと考えることも出来るでしょう。

先程も書いたとおり、業界でスタンダードのソフトとなっているので、求人情報などを見るとPhotoshop加工スキルを求めている会社も多くあります。

またデザイン系の会社だけでなく、様々な会社や店舗などでは自分でポスターやチラシを作るところもあるでしょう。エクセルやワードなどで作成するものよりもワンランク上のものが作れるため、自分のスキルの1つとして、挑戦してみるのも1つの考え方であると言えます。

ニキビに体の内部から効く酵素ドリンク

私も使っているピュアネス酵素

217種類もの野菜から抽出した酵素ドリンク。

それでいて価格も4000円代と酵素ドリンクの中でも抜群のコストパフォーマンス。初めて酵素ドリンクを購入するならとてもお薦め。

私はこれを飲みました。

味が2種類ある優光泉

ピュアネス酵素よりも価格が6000円台と高いのがネックですが、国産の野菜にこだわって作られた安心の酵素ドリンク。
トップアスリートの減量でも使われるほど有名な一品。

ブランドで選ぶならベルタ酵素

ベルタ酵素は美容に主眼を置いた酵素ドリンク。
価格が5000円を超えますが、酵素ドリンクの中では比較的安価でコストパフォーマンスはピュアネス酵素に次いで抜群。

一番有名なのはこちらですね。

 - 面接・面談対策